archive
category
  • カテゴリーなし

創る喜び

自分の手で一つの作品を創り上げるというのは、とても満足度と達成感の大きな事です。
人とというのは、何かしらの達成感を求めて生きる生き物ですから、この創る喜びというのは一つの魅力となります。
絵画教室に通い絵を描いたり、陶芸教室で器を創るなど、何かを創る行為というのは様々に存在します。
そんな中で、近年話題になっているのが像を創る彫刻教室の存在です。

木や石などを削って形を創り上げる彫刻というのは、他の習い事に比べて敷居が高いと感じるかも知れません。
彫刻刀やノミという刃物を使う事もあるため、危険であると思う人もいます。
しかし、実は彫刻というのは誰にでも気軽に創る事ができる存在なのです。

初心者が岩を切り出すというのはちょっと無理があるため、彫刻教室では木を彫る事になります。
平板の板からデザインを彫り上げるという形で講座が進む事になります。
当たりをつけ、その当たりに沿って彫刻刀を入れるという作業を行いますが、これには集中力が必要です。
慣れない間はすぐに疲れてしまう事も多いですが、何度も繰り返す事で自然と技術が向上します。

彫刻教室では、理論よりも慣れが重要であり、手先を何度も動かす事が求められるわけです。
最初は力が入り過ぎ、思ったラインを作れなくとも、彫刻教室で学び続ければ理想のラインを追うことができます。
自分で作ったものは自分だけのものですから、オリジナル創作の喜びを知る事に繋がる習い事です。

イチ押しリンク

calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930